Mement Ring ~メメントリング~



メメントリングを作ったきっかけ

私の夫が歯をインプラントにするため、口の中に入っていた義歯3本をとりました。

 

結婚して約40年。

 

今でも大好きな夫の金歯を使って、指輪を作ってみようとの思いから始まりました。

 

夫には、「これであなたの形見ができたから」 と伝えたら、笑っていました。

 

まだ健在なので、形見ではありませんが、ずっと私の指で光っています。

 

                                                    

                  

 

メメントリングの説明

大切な人の義歯(金歯・銀歯のみ)で、

形見の指輪が作れます。

今、義歯を インプラントや入れ歯に変えようと思っている方は、

とても良い機会だと思います。

義歯を 歯医者さんから頂いておいてください。

 

大切な人が。ずっと使い続けてきた金歯や銀歯が、

ずーっとあなたの元で、生き続けるのです。

 

形見のことをMemento(メメント)と言います。

自分がいなくなる前に、大切な人へ贈るのも

ステキだと思います。

 

火葬してからの場合は、悲しみの多い中恐縮ですが、

火葬後に金属をすべて頂けるように、火葬場の方にお伝えください。

(ご不明な点は、お問い合わせください)

 

生前、火葬後どちらでも加工はできます。